彩の国 抜型の金剛 株式会社 金剛製作所

沿 革

沿 革

昭和46年 7月 埼玉県旧浦和市瀬ヶ崎に個人営業として金剛製作所を創立抜型専門工場として操業開始。
昭和53年 4月 工場拡大のため旧浦和市三室に移転。
昭和56年 7月 資本金100万円として、有限会社金剛製作所と法人に改め工場を増設。
昭和58年12月 資本金を500万円に増資
昭和60年 7月 三山レーザー、コンピュータシステムを導入。自動化の第一歩とする。
昭和62年 6月 株式会社金剛製作所に組織を改め、機器設備を拡充し自動化を推進。
昭和63年 6月 三菱製レーザー加工機を導入。金属加工の分野にも参入。
平成 3年 4月 事業の拡大展開のため、旧浦和市中島に本社、工場を移転。
平成 7年 7月 資本金1,000万円に増資。
平成 8年12月 CAD SUPER FX ミマキ製サンプルカット機導入。
平成10年 8月 21世紀に向けた合理化工場の一環として旧大宮市三橋5丁目に本社、工場ビル建設、移転。
平成11年 8月 澁谷工業製レーザー加工機導入。
平成11年11月 東京営業所設立。
平成14年11月 レザック製面版加工機導入。
平成16年 6月 澁谷工業製レーザー加工機導入。
平成18年 4月 ISO 9001:2000認証取得。
平成18年 9月 東京営業所業務拡大し、東京事業所に組織変更。
平成25年 4月 八潮営業所開設。
平成26年11月 東京事業所移転。
平成27年11月 本社工場(埼玉県さいたま市西区三橋5丁目656-1)竣工。営業開始。

PAGE TOP