彩の国 抜型の金剛 株式会社 金剛製作所

CAD面板

折り加工を美しく、効率的に

折り加工が必要な紙器で、折り曲げ線(罫線)を正確に形成するために使用する面板です。トムソン型(ビク型)とCAD面版の間に紙をはさみ、圧をかけて罫線をつくっておくことで、折り加工時、効率的にきれいな折り目を付けられます。主に、化粧品、菓子類、医薬品など各種パッケージ用箱物の製作で使用されます。
CAD面板は、CADソフトで面板用データをつくり、NC加工機で作成します。原則として、トムソン型(ビク型)とのセットでの製作となります。

事例紹介

PAGE TOP